スタッフブログ

シャンプーの選び方についての大人な理解とは。

スタッフブログ

シャンプー話が続きます!

何故ならとっても【大事】だから!!

 

「もう、大事っていう想いは

分かったよ!!

じゃあどう選べばいいのっ!?」

 

そんな声が増えてたら

ある意味嬉しい髪フェチ美容師です。

(*゚∀゚*)

 

では、まずよくお店でお客様にも話す内容ですが、、

 

『シャンプー』といっても、

美容室の物はドラックストア系より高い!

それでいて何がいいのか分からない!

毎日使うものだから、

汚れ落とすだけだからいいよね?

 

そう思っている方が多いと思います。

 

同じシャンプーなのに

何故値段が違う!?

 

簡単な違いは

【使用成分材料(原価)の〈値段〉が違う】から。

 

分かるでしょうか??

 

『シャンプーは汚れを落とすもの』

↑これは正解です。

 

汚れを落とす成分は【界面活性剤】と言われてますが、

これがかなり種類が多くて、

特徴も値段もかなりの幅があります。

 

原価がとても安いのに、よく泡立つ〜♪

でも刺激は強い【合成石油系界面活性剤】

ラウレス硫酸Na

ラウリル硫酸Na

オレフィンスルホン酸Na

 

↑これがよくドラックストア系に入ってる。

 

これがシャンプーボトルの裏の成分表の始めの方に入っているなら、

やめた方がいいかな。。

悩みありの頭髪なら。

 

ドラックストア系のシャンプーはとにかく

広告宣伝にお金をかけます。

モデルさんやテレビなど。

かなり高額。

 

それが出来るのは

シャンプーでかなり儲かるから。

 

何故儲かるかって、、

それは成分が安いし、

大量生産販売してるからーーー(-_-)

 

 

シャンプーを特徴づけるコ◯ーゲン、オイルや、植物エキスが入ってる!とかは、数滴入ってるだけで言える世界です。。

ノンシリコンだよ!!って、シリコン入ってないからって活性剤は激安材料なら意味ないし!そもそもシリコンは悪ではないし。。(でも世の中がそんなイメージになってしまってるので嫌われてしまってるシリコンさんです。)

 

そして、

それだけの理解だけではないです。

 

【合成石油系界面活性剤】の特徴として

刺激がある・洗浄力が強い

というのが問題なのです。

 

ドラックストア系を使われてたお客様の(大人な方の)髪の悩みは

根元がぺったり、

毛先バサバサ、

クセが強くなる、

がほとんど。

 

合成石油系界面活性剤はどんなに脂ギトギトの汚れ髪でもキレイに落とす力があるんです。

でもほとんどの女性の皆様、ギトギトと何かつけてますか?特に根元付近に。

つけてない繊細な髪に強い洗浄力を使ったら、、

お肌の洗顔のイメージの

「つっぱるーー!ひび割れるーー!」

そんな風に髪の毛のそもそもの水分や油分もとられてしまうので、、

バサバサ、パサパサ(T_T)

 

そして、そんなに汚れてないのに

何プッシュもたっぷり使っていませんか?

 

モコモコ泡立っていいかも?ですが、

それを流すのは本当はとっても大変。

 

刺激の強い成分ですので、

残ってたらトラブルの元になります。

 

でも、流しても流してもヌルヌルする。。

 

ま、いっか!?泡は無いし!

で終わってしまって、

毛先はバサバサ、

乾かして次の日何故かベタっと。。

残ってるんです。

そしてまた次の日、またたっぷりつけて、また適当にすすいで、また残って。

毎日毎日、頭皮毛穴は何か残ってて、

 

何となく私の髪はこんなもの。

って思ってません?

 

美容室でシャンプーする時、

濡らした時点で泡が出るんですよ。。

(美容師は皆気づいてる。あぁ、すすぎ残し。。そして、毛先の本当の傷み度合いも濡らしてわかる。。)

そこでどうアドバイスするか!?

それはお店、美容師次第なのですが。。

 

先ほどの続きです。

常に毛穴や地肌に残ってる状態。

洗っているはずなのに、実は残ってる。

残っているのはシャンプーカスかもしれないし、皮脂かもしれない。

 

それが今度、紫外線にさらされることで

【酸化】して毛穴や地肌の細胞の活性化の妨げになる。

また刺激の強さで乾燥がひどくなり、かゆみやフケなどの原因になり、それは抜け毛にもつながるし、クセが強くなることも。

皮脂汚れがある事で雑菌などによるトラブルも発生しやすくなる。頭皮に湿疹ができたりしてやはり抜け毛、細毛になってしまうかも。

ちゃんと洗っているのに

トラブルの種がある。

 

安いと思って買っているけど、

材料は激安で、

その成分のせいで

トラブルの原因になりやすく、

すすぎも大変とか、

安いシャンプーの中にある本当にいい成分がとても少ないものに価値を感じるでしょうか??

 

 

どんなに安くても〈悪〉が多いなら、

私は髪に使いたくない!と思う。

 

 

例えば

500円で有効成分価値50円+トラブル付き

と、

2500円で有効成分価値1500円+補修効果付き

ならどっちを選びますか?

(上の値段価値は、ただの仮定話。でもイメージとしてそんな感じに思ってもいいくらい。。)

 

また、こうも考えます。

 

同じ洗うでも

食器洗剤や洗濯洗剤はどうですか?

 

雑巾洗うのと、

高級セーターを洗うのでは

洗剤を変えますよね?

 

安い洗濯洗剤と、

高い上質用洗剤も

量や値段は同じようにかなり違います。

 

自分の髪はガシガシ洗っても

平気な髪質状態ですか?

自分の地肌は弱いですか?強いですか?

 

 

私の頭髪ははっきり言って

【軟弱】【超敏感】【細め、少なめ】なのに

【ロン毛】で【オシャレを楽しみたい派】なので、

気を使うしかないのですー(T ^ T)

 

でも髪は本当に〈命のように大事〉ですので、シャンプーに保険投資してる感じです。

 

そして実際、他の費用や手間時間は減り、

クセも落ち着き、

快適なツヤ髪を楽しめております♪

 

 

 

考え方、理解への話は

長くなりましたので、

次の【美容室専売品について】に続きます。

 

これをまた知る事で、

シャンプーの種類の違いや購入する時の目安も分かってきますし、

有効価値や洗濯洗剤に例えた話のイメージも固まってくると思います!

 

なるべく分かりやすく説明してるつもりですが、化学的にもっと知りたい方は沢山ググってみてくださいね、山ほど出てきますので。。

(゚∀゚)

 

情報を知識に変えて、

そして選択してみる。

 

大人の選択をして

「髪を大事、大事♡」

にする方が増えたらいいなぁ!

 

そして、最後に

ご報告です!!!

 

待望の

Magenta シリーズのシャンプー

やっと完成です!!

そして、

入荷新発売が

4月28日土曜日

決定!!!

大急ぎでG.Wに間に合うように頑張ってもらいましたぁ!

♪───O(≧∇≦)O────♪

乞うご期待♡

 

それについての詳細も

次回へ♪

 

 

 

 

 

 

ページトップへ