スタッフブログ

非常な時にでも〈美と癒し〉は大事なんだと教えてもらった日。

スタッフブログ

9年前の3月11日。

 

私は移転前の小さなお店で1人、いつも通りお客様のカットをしてた。

ビルの3階の、その8坪程度の空間が揺れた。

 

でも、

「地震!?ちょっと大きめで長いですね!?」

と手を止めたけれど、

お店に飾ってるモノが何一つ落ちることもなかったので、またいつも通り笑いながらカットブロー終了。

 

お客様をお見送り後、

携帯を見たら着信が沢山入ってる!!

 

たまたま外出していた旦那だった。

 

そして言われるがまま情報収集のためPCをつけた瞬間、津波の映像が飛び込んできて…

 

津波、家事、帰宅難民、原発。

そして計画停電。

 

小さなお店をやっている私は

どうなってしまうんだろうと

血の気が引く感覚だった。

 

それどころではない人達もいる。

 

でも、私はどうすればいい!?と。

 

水が止まってる地域では公園の冷たい水でカラー途中の髪を洗ったとか、

電気が止まってしまうと、発電機があったとしてもドライヤーを使うエネルギーは無理とか。

 

カットのみ出来るけど、

水、電気、明るさが無いと無理なんだと落ち込んだ。

 

とにかくまずは

次の日以降のお客様1人ひとり

電話やメールで連絡をとらねばと思った。

 

そしたら、

 

「予定通り行くわ!」と。

 

「こんな時だからこそ、

癒されたい。」

 

「どうなるか分からない不安な気持ち

モヤモヤした心を

髪をやってもらうことで

少しでも気が晴れるじゃない?

 

特にこのお店は癒し系だから。」

 

と、

 

次の日も

次の方も

皆さま、予定通り御来店してくださった。

 

 

唯一、計画停電で電車が止まって行けない!

行きたいのにーーー(T-T)

という方が1人。。

 

 

これには私自身が本当に驚いたのです。

 

 

【美容】は

衣食住の次のゆとりがある時に消費されるものなんだろうと思っていたところがあった。

 

だからこんな非常時は後回しかなと。

 

この仕事をしている私が

こんな考えじゃ駄目だった!!

と焦るくらい、、

 

 

[美容]はもう

 

【衣】と同じレベル

 

なんだと教えてもらいました。

 

(被害が少なく地域だからっていうのももちろんあります。)

 

 

全て自粛、

全て我慢じゃ

心が煮詰まってしまう!!

 

いつも通りキレイになれたことで

不安が少し消える。

 

そういう意味でも

いつも通りにいられることが

安心なんだと再認識。

 

 

老人ホームでも口紅を塗ったり、キレイにする[美容]が心を明るくする事を知ってる。

実際に被災地でもボランティアでカットやメイクをするとすごく喜ばれてる映像も見た。

 

【美しく整えることができる

当たり前の毎日って

とても幸せな事なんだ。

美しく整えることは

心を整えることでもあるんだ】

 

 

そんな大事な時間、

行為に携わる仕事なんだと

より一層の使命感にも駆られた。

 

 

この気持ちを忘れてはいけない。

 

 

私は美容師として生きていくことを

決めたのだから

 

精一杯やれる事をやろうと

再度思ったのでした。

 

 

(その後、、水のいらないドライシャンプーを買い溜めしたり、水は多めにお店に置いておこうと思いました。ポットのお湯もいつも満タンに。

もし、、避難生活が身近になった時が来てしまったら、、自分の技で頭髪を清潔にしてあげたいと思ったささやかな備えf^_^;)

 

そういう非常事態が

起こらないのが1番。

 

ですが。

 

今のコロナも本当に。。

 

移転した今のお店も

今のところ大きな影響なく、

 

〈いつも通り〉

 

いらしていただけるお客様方に

 

心から感謝と敬意をもって

 

精一杯の【美しくなれる安心】を

 

提供していきたいなと思っています。

 

 

ちょっと植物を増やしたり、

プライベート感をさらにアップして

掃除除菌を繰り返しております。

 

皆さま、

変化に気付いた所を

是非当ててみてくださいねー(^з^)-☆

 

毎日笑顔でお待ちしております♡

 

 

 

 

ページトップへ