スタッフブログ

【道のり3】幼少期の大事件!?

スタッフブログ

それは私が小学校低学年の時。

 

私の髪はいつも父が切ってくれていた。

お花とカメラが好きな父は

書道も上手でキチッとした字をいつも書いていたので、几帳面という印象だったと思う。

 

どんな風に髪を切ってもらっていたのか、それまで特に気にしたことは無かったのだが、

 

ある日。

 

母が大きなハサミを持ち

ニコニコと微笑みながら

 

「今回はお母さんが切ってあげるね♪」

 

と、なんだか嬉しそうな楽しそうな表情だったのを覚えてる。

 

 

でも。

 

 

子供ながらに

 

『イヤな予感』

 

がしてた。。

 

そして、

 

切ってるそばから

 

「あら、こっちが短くなった、

じゃあこっちも。

今度はこっちの方が短いからまた

反対を切り直して、、

 

案外むずかしわねー!」

 

と、、

よくあるあるな話のようですが、

 

どんどん短くなってしまって

 

 

出来上がった姿はまるで

 

【田舎の娘】。。

 

丸いシルエットの前髪パッツン、

オカッパ頭。

 

 

こんな丸い感じイヤだーーーー!!

 

 

鈍臭い感じで

全然可愛くないっ!!!

 

 

「もう、お母さん!

本当にヤダ!!!

 

二度と私の髪、

触らないでねっ!!!」

\\\٩(๑`^´๑)۶////

 

 

 

、、強烈に覚えている記憶です。

 

 

 

幼少の私にとってそれは大きな

事件でした。

 

 

 

誰が見てるわけでもない年齢で

 

何故そんなに田舎娘風が

イヤだったのかなぁと

今は冷静に思うのですが

 

 

きっと、、

そうでなくても自信がないのに

こんな風になって

もっとダメじゃん、自分。

 

って感じたんだろうなーー。

 

 

 

まだまだ人生始まって

7,8年のおチビさんだった私も

 

きっと同じ年齢の

我が息子も

 

それなりにやっぱり意志があるのだろう。

 

 

今経験してることが

 

過ぎてみれば

遠い記憶に彼方に

忘れ去られるモノもあれば

未来に影響するモノもある。

 

 

あの時の私の事件の記憶は

確実に今の私になる為に

大事なことだったのだ、

 

とハッキリ言える自分がいます。

 

( ˘ω˘ )

境川沿いの桜並木は

今年もキレイでした。

桜のトンネルと

くぐり抜ける道が

いいですよね♡

 

 

ページトップへ